忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

要注意!バカ売れ「塩入りドリンク」で塩分過多 熱中症対策のつもりが高血圧に

こんにちはつよぽんです
まだ梅雨が明けていないのに急に猛暑になってしましたね。 

 

自宅通路の南側のゴーヤの「緑のカーテン」に小さな果実が生りました。

猛暑の話題を

この夏、「塩分入り」をうたったドリンクや飴(あめ)、タブレットなどがバカ売れ中だそうですね。
全国的な猛暑で、熱中症対策に神経を使う消費者が増えたことが人気の理由だそうです。



水分とともに塩分を補給することの大切さをテレビや雑誌が連日報じたことで人気に拍車がかかったが、取りすぎにはくれぐれも注意しないといけないようです。

横浜創英大名誉教授の則岡孝子氏(栄養学)がこう言う。
「猛暑だからと、涼しいオフィスや自宅でも四六時中〈塩入り〉ばかり口にすると、結局塩分の過剰摂取につながります。
熱中症対策のつもりが、高血圧などの生活習慣病を助長している恐れもあるのです」
ある塩入りドリンクには、100ミリリットル当たりナトリウムが43ミリグラム含まれている。
ペットボトル1本(500ミリリットル)なら215ミリグラムで、塩分の量に換算する数式「ナトリウム(ミリグラム)×2.54÷1000」に当てはめると約0.6グラム。
1日に3本飲めば、塩分を約1.8グラム取るのと同じだそうです。

日本人男性の塩分摂取目標量は、1日9グラム未満。
「まだまだ少ないじゃないか」と思うだろうが、三度の食事でも塩分をかなり摂取していることを忘れてはいけないそうです。
ホームページですべてのメニューの塩分量を公開しているラーメンチェーンを参考にすると、塩ラーメンのスープを半分残したとしても塩分は4.2グラム。
これに1人前の塩分が1.5グラムといわれるギョーザをプラスしただけで5.7グラムの摂取

塩入りドリンク3本分と合計すれば、それだけで塩分は7.5グラムになる。
夜に居酒屋でつまみを食べただけで、1日の塩分摂取量は軽くオーバーだ。
「喉の渇きを癒やしつつ塩分の過剰摂取を防ぐには、塩入りドリンクなら水で割って、少量ずつ飲むのがオススメです。
カリウムを多く含む海藻を多く食べれば、塩分が体外に排出されやすくなります」



甘酒が良いですね、塩麹と抹茶入りの甘酒です。

ひと夏過ぎたら高血圧になっていたなんて、シャレにならないですね。


                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 


 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在33位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2014/07/13 (Sun) 粗食 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]