忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

エコキュートで近隣トラブル(3)

こんにちはつよぽんです
前回ブログで紹介した裁判が和解で終わったようです。

エコキュートで近隣トラブル(2)
http://www.katohome.com/blog/architecture/639.html

エコキュートで近隣トラブル(1)
http://www.katohome.com/blog/architecture/635.html

隣家のエコキュート(ヒートポンプ式給湯器)から発生した低周波音を巡り、群馬県高崎市の住民が不眠症などの健康被害を受けたとして、隣家の住民と機器メーカーのサンデン(群馬県伊勢崎市)、設置した大和ハウスエ業(大阪市)を相手に起こした裁判は、2013年11月18日に前橋地方裁判所高崎支部で和解が成立した。

原告代理人で弁護士の井坂和広さんによると、和解内容は、①設置されたエコキュートを撤去する、②エコキュートと異なる電気温水器を代わりに設置する、③原告に費用負担を求めないなど。

 


今の設置場所と反対側への移設も検討したが、被告の合意が得られなかったという。

>音の問題なので機械を置かれたくないのですね。

井坂さんは、「低周波音を巡る裁判は勝訴が難しく、和解になるのがほとんどだ。
今回も裁判長が和解を積極的に勧め、満足できる案が出されたので受け入れた」と話す。

訴状によると、原告のAさん宅(築50年程度の木造)の東隣に、Bさんが09年2月に住宅を新築。
図のようにエコキュートを設置した。
11年7月、Aさんと妻が不眠で体調を崩したとして約270万円の損害賠償を機器メーカーとハウスメーカーに請求。
13年3月にはBさんに対し、エコキュートの使用停止を求める裁判を起こした。

今回、これら2件の訴訟の和解が成立した。

ヒートポンプユニットの運転音の大きさは、メーカー側の資料では40dB程度とされる。
Aさん側が測定した運転音を分析すると、周波数が25Hzと40Hzでの音量が特に大きく、それぞれ50Hz強だったという。

>被害に遭われた方でないと苦しみは分からないですね。
 設置場所に気をつけないとならないですね。

                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 

              ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在48位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2014/01/22 (Wed) 建築 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]