忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

日本酒の起源酒~今も伝承菩提元仕込み

こんにちはつよぽんです




戸田春山酒店のお酒の会に10名ほどで参加しました。
日曜の昼酒は効きましたね!


 

でも美味しい日本酒を見つけました。

 

各藏元のアテが美味しかった!
これだけを目当てに1900円は安い!

「生元」や「山廃」というのは知っていましたが「菩提元」というのは初めて聞きました。
信長も秀吉も家康も宴の席でこんなのを飲んでいたのかと思うと是非飲んでみたいですね!

酒文化研究所 「さけ通信」より転載

日本酒やワイン、ビールといった醸造酒は古くから人々に飲まれてきた。
例えばビールは、5000年以上前のエジプトで原型となる麦からつくった酒が飲まれていたし、ワインも果汁を発酵させればよいだけなので、紀元前から飲まれている。

では日本酒はどうだろうか。
米から作る醸造酒という意味では、すでに万葉の時代から飲まれているが、これはどぶろくのようなもので、今の清酒とはかなり異なる。
麹菌や酵母を使い、並行復発酵という方式で米の糖分を余すことなく酒にするという意味では、その起源は室町時代後期に確立したようだ。

>並行復発酵というのが凄いですね

 同時期から江戸初期までの間に、火入れ殺菌により発酵を止めて酒を安定させる技術、にごり酒をこして澄んだ酒にする方法が発見され、ほぼ今の清酒の原型ができあがる。
当時の銘酒の産地としては、関西の洛中、奈良、伊丹などがあげられ、灘が名声を博するのはもう少ししてからのことだ。

室町後期に確立した酒の造り方は、菩提元仕込み(別名水元仕込み)と呼ばれるもので、もろみを造るときに、麹米を袋に入れて、お湯の中で揉みだしていくという特徴を持つ。
原理的には生元・山廃など現代の酒の系譜に連なるのだが、いかにも手間がかかるので、明治初期にはこの方式はほぼ消滅した。

しかし、この菩提元の発祥の地である奈良県では、今でもこの方式の酒造りが伝承されている。

ウィキペディア
菩提もと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%A9%E6%8F%90%E3%82%82%E3%81%A8

>ネットを見ると何種類かの菩提元のお酒が販売されているようです。



                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 

              ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在39位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2013/10/29 (Tue) 日本酒 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]