忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/22 (Fri)

生食用牛レバー、7月から販売禁止 違反すれば懲役刑も

こんにちはつよぽんです

残念な記事ですね。
ユッケは余り食べませんがレバ刺しは食べます。
ニンニクやショウガと共にレバーを食べると血が増えるような気がしますが、私だけ?

厚生労働省は12日、生食用の牛レバー(肝臓)の飲食店での提供を7月1日から禁止することを正式に決めた。
重い食中毒を起こすO(オー)157などの腸管出血性大腸菌がレバー内部に入り込むことが分かり、除去できる方法がないため、罰則付きで禁じる。近く食品衛生法の基準を改正する。  

>確かに食中毒は怖いですね。

12日開いた厚労省の審議会が了承した。現段階では加熱以外で安全性は確保できないと判断した。

違反すれば2年以下の懲役か200万円以下の罰金を科すことができる。  
加熱は内部全体を63度で30分以上か75度で1分以上が目安。
飲食店が加熱用の肉でも生の状態で出す場合は、きちんと加熱して食べるよう客への注意を求める。

食肉店が消費者に売る場合も、十分な加熱が必要と伝えるよう義務づける。  
生食用の牛レバーは、新鮮で衛生管理を徹底しても食中毒は防げない。

>多くの店では問題がなかったのに残念ですね。

O157に感染すると、重い腎臓病や脳症で死に至ることもある上、感染力が強く二次感染のおそれもある。  

生レバーの提供禁止について、全国食肉事業協同組合連合会や全国焼肉協会は「食事の調理方法は自己責任が基本」と反対していた。

>これこそ自己責任ではないでしょうか。


                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 

              ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在26位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2012/06/17 (Sun) その他 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Comments
[09/11 エレケヨ・鬣ノ・ウ・ヤ。シサ?キラ]
[08/17 ・ヨ・鬣ノオカハェ]
[08/17 ・ヨ・鬣ノ・ウ・ヤ。シサ?キラ]
[08/02 逢坂文夫]
[10/23 Ardella]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]