忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

LED省エネから美しさえ(2)

こんにちはつよぽんです

LED(1)の続きです
LEDは光源からの垂直距離方向への光度が強いため、机上スタンドなど下半分を重点的に照らすのに向いていそうです。
その反面、壁や天井など効果は一般的に、白熱電球より弱い。
一方、LEDは光に赤外線の成分ががないため熱に弱い美術品などのスポットライトにも適している。

ー暖かみが無いのはこの理由なのでしょうか?

改良の余地があるのは人の目によりモノを綺麗に見させるかだそうです。
「赤いバラを白熱電球とLEDで照らすと、LEDの方がくすんで見える」と専門家は言っています。
現在、主流の白色LEDが、青色LEDと黄色の蛍光体の混ぜ合わせで作る「疑似白色」だからだそうです。


ー光の三原色の赤、青、緑を混ぜ合わせた方がより自然な色が出せるのですね。



赤や緑のLEDや蛍光体を組み合わせて白色を作り出す製品も出ているが、その分、熱として損失するエネルギーも多くなり、省エネ効率も落ちるという。

専門家は「光の量が確保できればいいわけではない。自然光でモノを見る人の感性にどこまで近づけるか。そこが他の電化製品と照明の違い」と話す。

ーただ単に明るければ良いのではなく人の感性にも訴えないとならないですね。

2010年の電球型LEDの出荷量は前年の5倍にあたる約一千万個。
白熱電球などの一般の電球の出荷量のまだ8分の1だが、40倍の寿命がある分、買い換え需要が減ると考えれば、LEDはの普及ぶりはかなりの勢いだそうです。

ー場所によっては何十年も取り替え不要になるのでしょうか。
 

                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 

              ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

              ハウジングバザール  自然素材が好きに当事務所が出展しています。
   
 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在71位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2011/10/24 (Mon) 建築 Trackback(0) Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

「」にトラックバックする:

Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]