忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

地震保険、平均19%値上げ 17年から3段階、最大50%

こんにちはつよぽんです
新聞を見ていたら気になる記事が有りました。

地震保険が値上がりするという話です。
ただでさえ火災保険が35年一括から最大10年までしか掛けることが出来なくなりました。
結局年数が短くなったので値上げですね。

保険料を少なくするための一つの方法は「省令準耐火構造」にすると保険料が半額近くになります。
詳しくは次回のブログで説明いたします。

新聞記事の内容は

損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構は30日、家庭向け地震保険料の値上げを金融庁に申請した。
損保各社は2017年1月から、全国平均で5・1%引き上げる。
21年にかけて全国平均で計19%引き上げる方針で、福島など5県は50%の値上げとなる。
値上げは、14年7月に平均15・5%引き上げて以来、2年半ぶり。
政府の地震調査研究推進本部が昨年まとめた。
地震の予測地図をもとに、政府と損害保険各社が保険料見直しを進めていた。

今回、相模トラフ地震や南海トラフ地震の新たな被害想定を盛り込んだ。
前回14年の値上げでは上げ幅の上限は30%だったが、今回は保険金の支払い余力を強める狙いで上限を50%に引き上げた。
ただ、急激な値上げとなるため、17年、19年、21年と3段階で上げる方針だ。
保険料は都道府県別に決まる。木造住宅では35都県で値上げし、上げ幅は福島、埼玉など5県が上限の50%となる。

>なぜ埼玉が東京より値上がりするのですか?

例えば福島県の木造(保険金額1千万円)の場合、現在の年1万3千円から最終的に1万9500円になる計算だ。マンションなど非木造住宅では36都県で値上げする。
一方、木造では愛知や大阪など12道府県、非木造では11道府県で値下げする。
地震のリスクが減ったわけではなく、建物の耐震性の向上や地盤データを見直したためだという。

>加入する方が減るのでは

大幅な値上げに困惑の声も上がる。埼玉県の木造住宅の場合、17年1月に14・3%上がった後、最終的に50%上がる。
同県鴻巣市で2階建ての木造住宅を建設中の会社員男性(33)は「海がなくて津波の心配もないのに、何でこんなに上がるのか」と話す。
最新の研究結果をもとに被害想定を算出した結果、保険金をきちんと支払うには保険料を上げざるを得ないというのが政府や損保会社の言い分だが、一般にはなかなか理解しづらい。

>洪水など自然災害が多いですからね
 多いといっても自然災害なのか人災なのかはっきりしないと納得しませんね。

損保各社は今回の地震保険とは別に今年10月から、火災保険料も値上げする。
台風が多い九州・沖縄では約3割の値上げになる地域もある。
相次ぐ値上げで加入が鈍る恐れもある。火災保険に地震保険契約をつけている割合は年々伸びており、14年度で59・3%だ。ただ、11年度は前年度より5・6ポイント増えたが、14年度は前年度比1・2ポイント増にとどまった。
損保各社は、耐震性や免震性の高い建物については10~50%割引する制度を設けており、地震保険離れを防ごうとしている。

>耐震性の高い建物(長期優良住宅は耐震等級2以上)にするのは良いですね。


ブログ用登録フォーム

メールマガジン「カトケン通信」登録のフォームです。

メールアドレス
名前(姓)
名前(名)
                 ブログ訪問有り難うございます。

              

 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在19位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2015/10/05 (Mon) 建築 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]