忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

長期優良住宅化リフォーム補助に新区分

 こんにちはつよぽんです

 

桜も散りましたね、赤いがくが絨毯のように覆っています。


本年度の補助金、長期優良住宅化リフォームの公募内容が出てきました。

国交省の資料より
本事業は、インスペクション、性能の向上を図るリフォーム及び適切なメンテナンスによる既
存住宅ストックの長寿命化に資する優良な取り組みに対し、国が事業の実施に要する費用の一部
について支援することにより、既存住宅ストックの質の向上及び流通促進に向けた市場環境の醸
成、及びそれらの取組の普及を図ることを目的とします。

公募の内容

国土交通省は4月10日、2014年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の公募に関する予定を発表し
た。
2013年度補正予算と同じ内容(いわゆる「A基準」)のもののほか、認定制度を想定したより高性能なカテゴリーと提案型の3つのカテゴリーに分けて公募を行う。

 

前回のインスペクションで気がつきました
下屋の角1カ所が0.5㍉以上のヒビが上から下まで入ってました。

長期優良住宅化リフォーム評価基準
http://www.choki-reform.com/guest/doc/val_basis.pdf
4月下句から順次募集を始める。
認定制度を想定したカテゴリーは、新築の長期優良住宅に準じた性能基準(いわゆる「S基準」)をすべて満たすものが対象で、I戸あたり最大200万円を補助する。

7月上旬から募集を開始する。
提案型のカテゴリーでは、新しい技術の導入など現行の評価基準では評価できない、先導性・汎用性・独白性の高い長期優良住宅化リフォーム手法の提案を幅広く募る。

基準の水準はA基準相当でよいが、国交省は通常のA基準カテゴリーよりも優先的に採択する方針針を打ち出している。
補助額は工事費の3分の1以内で、I戸当たり上限100万円が基本。

 ただし、すべての評価項目でS基準相当の場合は、上限200万円まで引き上げる。
募開始時期は4月下句を予足している。

>申請を簡単にして一人親方の大工さんでも補助金を使えるようにして欲しいですね。
 あるいは設計事務所に依頼する申請費用も含めて補助してくれるとか。

                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 


 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在34位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2014/04/27 (Sun) 建築 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]