忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

国交省、中古戸建住宅の評価手法の見直しへ

こんにちはつよぽんです
昨日は全建総連がブランド化事業の後の事業提案する会議に参加してきました。
財務省が納得する提案をしないとならないので難しいですね。



先日初めてインスペクションをしてきました。

 

日本インスペクターズ協会の報告書で提出する予定です。


本文はネットの情報から

国土交通省は平成26年3月31日、「中古戸建て住宅に係る建物評価の改善に向けた指針」を策定し、公表した。
 現在、築後20~25年程度で木造戸建住宅の建物価値を一律ゼロとして取り扱う慣行がある。

>家の血統書が一般的になると違うと思うのですが。

結果として、どんなに良質な維持補修やリフォームなどを実施しても、その効果が建物評価に反映されないという問題があった。

>長期優良化リフォームの補助金が出るようになりましたので中古も価値が出ると良いですね。

同省では、こうした問題を解消するために今回の指針を策定。
維持補修やリフォームなどの実施状況、建物の状態や性能などに応じて建物価値が変わる評価手法のあり方などを示している。
具体的には、インスペクション(建物検査)などを実施し、通常よりも劣化の進行度が遅いと認められた場合、実質経過年数を短縮し、その分だけ建物価値を上乗せする。

>今後はインスペクションが重要になるようですね。

 今後、同省では今回の指針で示した方向性で、平成26年度の早い段階に不動産鑑定評価基準を改正する考え。
これを受けて、(公社)不動産鑑定士協会連合会などが既存住宅評価の環境整備を行い、不動産鑑定士へ新たな評価手法を浸透させていく。
また、(公財)不動産流通近代化センターの既存住宅価格査定マニュアルも平成26年度に改定し、宅建業者などへの周知徹底を図っていく方針だ。
 さらに、同省では「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」も開催しているが、こちらでは金融機関での活用手法を検討していくという。

>金融機関が建物の価値を認めないと難しいですね。

 建物評価の手法が変わることで、中古住宅市場だけでなく、リフォーム市場の活性化にもつながるだけに、今後の動向に注目が集まりそうだ。
「中古戸建て住宅に係る建物評価の改善に向けた指針」の詳細は
https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000101.html

>今後も目が離せないですね。



                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 


 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在34位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください

PR

2014/04/17 (Thu) 建築 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]