忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/09/23 (Sat)

快適トイレ「火の用心」 温水洗浄便座、長期使用で事故

こんにちはつよぽんです
昨日は一日雨でしたね、今日は天気が良くなりそうですね。
今日は母の日ですね私も母にカーネーションと共に感謝を贈ります。




新聞を見ていると気になる記事が有りました。

とはTOTOが販売する温水洗浄便座及び商品名なんですね、1980年6月に発売以来、2011年1月には累計販売台数が3000万台を突破したそうです。
温水洗浄便座では高いシェアを誇り、INAX(同社の名称はシャワートイレ)や他社製の同種類のものも含め「ウォシュレット」と呼ばれるほど定着しているが、ウォシュレットの名称はTOTOの登録商標だそうです。




初期のウオッシュレットだそうです。

ウィキペディアのウォシュレット情報
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88

記事より
最近、便座が温かくならないけど、布カバーをつけて使い続けています――。
こんな人はいませんか? 温水洗浄便座は寿命がある電気製品なので、異常を放っておくと、発火などの事故につながりかねません。
特に長く使っている場合は、定期的な点検が必要です。


 「製品を焼損する火災が発生」「異臭に気付き確認すると、製品から発煙」。
製品評価技術基盤機構(NITE)には、温水洗浄便座に関するとみられる事故が、今年すでに4件報告されている。

 メーカー9社で作る温水洗浄便座工業会は、1991年以降、192件の事故を把握している(12年12月20日現在、製品が原因でないものも含む)。
発煙や発火事故が多い。
リコールなどの対象となっている製品もあるが、対象外の便座でも起きている。



 ■断線、ショート…10年が点検目安

 目立つのが、設置後20年以上など、長期使用が影響していると考えられるケースだ。
コードが断線していたり、ひびが入ったところに水が入って内部でショートしたり。
コンセントにたまったほこりが原因で発火する「トラッキング」が起きることも多い。

 「陶器の便器のように20年、30年ともつイメージの人が多いが、温水洗浄便座はほかの電気製品と同様、10年くらいで壊れてきます」と、メーカは言います。

 電気を使い、水や洗剤にさらされる過酷な状況にある温水洗浄便座。
だが、目に入る場所になく、使用時間も短いため、異常に気づきにくい。

 工業会の前身の温水洗浄便座協議会が07年に調べたところ、「電気製品と認識し、取り扱いに注意している」という人は10%だった。
回収が進まないリコール製品もある。
例えば、アイシン精機が製造し、INAXが販売した対象機種の改修・回収率は1・4%。消費者庁が公表した、過去約1年間に重大事故を起こしたリコール製品109件の中で2番目に回収率が低い。

■異常チェックし、使い方にも注意

 事故を防ぐには、早く異常に気付くことが大切だ。
一つの機能が使えなくなっても、その機能だけをオフにして使い続けがちだが、全体には電気が流れたままのため、発火につながるケースもある。
工業会はチェックポイントを紹介し、一つでも当てはまれば、点検を依頼するよう呼びかけている。

 LIXILは01年以降の製品に、10年程度使ったら、点検(有料)を促すランプをつけている。
点検の結果、約3割で何らかの故障がみられた。
ただ、点検依頼そのものが少なく、推定では対象製品の3割ほどという。

 TOTOは新しい機種を買った人に、名前などの情報の登録を勧めている。
製品の安全などに関する情報を直接届けられるようにするためだ。

 使い方にも注意を。
水をバシャバシャかけるのは避ける。
強い酸性の洗剤で長時間つけ置き洗いをした結果、たまったガスが部品を腐食させるというトラブルも多いという。

私の自宅のウオッシュレットも十年過ぎたので点検しないと。

                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 

              ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在37位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2013/05/12 (Sun) 建築 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Comments
[09/11 エレケヨ・鬣ノ・ウ・ヤ。シサ?キラ]
[08/17 ・ヨ・鬣ノオカハェ]
[08/17 ・ヨ・鬣ノ・ウ・ヤ。シサ?キラ]
[08/02 逢坂文夫]
[10/23 Ardella]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]