忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

大口企業の電気料金単価、家庭の半額 (1)


こんにちはつよぽんです
この報道を聞いて驚くと共に怒りを感じましたね。
独占企業で損をしない仕組みの会社なのに取りやすい一般市民からの料金で成り立ったている会社だとは思いませんでした。
独占企業なのに巨額の広告宣伝費を使いマスコミから不利な情報が出ないように口止めをしてるのですね。
 このような仕組みを作った自民党でに怒りです。

春に行ったパワースポット「榛名神社」です。



パワーを貰いたいですね!


東京電力は先月23日、電気をたくさん使う企業の上位10社の電気料金(単価)が家庭向け電気料金の半分ほどになっていることを明らかにした。
1キロワット時あたりの単価は上位10社が平均11.8円、企業向けが平均15.04円、家庭向けが平均23.34円。大企業が最も安く、中小企業、家庭の順で料金が高くなっている。

 経済産業省の電気料金審査専門委員会(委員長=安念潤司・中央大法科大学院教授)が23日に開いた会合で、東電が実績を示した。委員会は東電が7月に家庭向け料金を平均10.28%値上げしたいと申請したのを受け、適切か調べている。
 東電は、10社は夜間の電気使用が約8割を占める工場などが多いと説明している。
電気使用が集中する昼にあまり使わないため、料金を安くしているという。
また、電力が不足した時に使用を抑えるよう協力を求める「需給調整契約」を結んでいるため、割引しているという。  企業向け電力の販売は自由化されているため、電気料金は東電と企業の交渉で決められる。
電気をたくさん使う施設は送電の設備費用などを抑えられるので、料金が安くなりやすい。  

一方、家庭向け電力は電力会社の「地域独占」で競争がない。
電気料金は経費を積み上げ、一定のもうけを上乗せする「総括原価方式」で決めることになっていて、安くなりにくい。  23日の委員会では、経産省が全国の10電力会社の5年間平均で、家庭向け電力が販売電力量の4割しかないのに、利益の7割を占めていることも公表した。

>我々はもっと怒らないと!

                 ブログ訪問有り難うございます。

              HOME’S注文住宅 無添加住宅こだわり特集もご覧ください 

              ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。

 http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在36位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
 

PR

2012/06/07 (Thu) その他 Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]