忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

古い扇風機 火事にご注意

こんにちはつよぽんです

 

朝の散歩の遊歩道に咲いている「秋桜」、百恵ちゃんを思い出します。

もう扇風機は片付けましたか。
新聞にこんな記事がのっていました。

「古い扇風機 火事にご注意」
夏に多い扇風機火災にの大半が、10年以上を使った製品で起きていたことが経済産業省所轄の製品評価技術基盤機構(N ITE)の調べで分かったと書いています。

やっぱり可動部分のモーターなどの部品の劣化が主な原因だそうです。
羽根の回転が遅かったり、モーター部分が熱くなったり焦げ臭かったりしたら危険信号だそうです。
N I TEによると、扇風機による事故は04年から08年度に127件起き、3人が死亡、10人が重軽傷を負ったそうです。

そのうち、発煙・発火など火災関連は105件。
使っているうちにモーター部分の潤滑油が摩耗したことをなどが原因とみられる。

こうした経年劣化による事故は、原因が特定できた95件のうち、70件。
その中でも使用期間が30年以上の製品による事故は58件もあったそうです。

08年9月の宮城県で発煙事故を起こした製品は36年、07年8月に京都府でタンスや天井が焼けた火災の原因となったのは38年使われた製品だった。

使用期間が10年から19年の製品でも5件、20年から29年で7件起きており、NITEは「経年劣化事故の危険性は15年目あたりから高まる」と言っています。

気をつけましようね、しかし製品評価技術基盤機構(N ITE)という組織が有るのですね、初めて知りました。
 



                 ブログ訪問有り難うございます。

              ハウスネットギャラリーに事例を掲載致しましたこちらも訪問お願い致します。
                http://www.hng.ne.jp/corp_detail179.html

http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックをお願い致します、現在37位です。

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

当社社ではフリーダイヤル設置致しました。 番号は 0120-971-582 です,なんなりと相談ください
PR

2010/10/23 (Sat) その他 Trackback(0) Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

「」にトラックバックする:

Calendar
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]