忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

戦略としての給食

こんにちは、まだ風邪の治らないつよぽんです。

朝日新聞の夕刊「窓」論説委員室から、上記の題で書いてありました。

現在の欧米風食生活がなぜ盛んになったか、その理由の一つが書いてありました。
戦後の米国の余剰小麦を日本に買わせ、その上に輸入に頼らせ自立を阻む思惑が有ったのでは、と書いてあります。
同感ですね。

パン食による学校給食は、米国の無償援助で始まり1954年(私の生まれる一年前)にPL480法(通称、余剰農産物処理法)が成立、贈与が打ち切られました。
学校給食が危機になるが、日本がパンとミルクを米国から輸入して学校の完全給食が始まったようです。
米国の小麦業界がお金をだし「キッチンカー」で田舎をまわり小麦を普及させ、さらに日本の大脳生理学の権威の学者に「コメを食べると頭が悪くなる」と言わせたり、政府・マスコミの米食批判の結果、日本人の米離れが定着したと書いてあります。
米国の都合で日本人の食生活を変えられたとは知らなかったです。

マスコミは本当に必要な情報は出さず、時の権力に都合の良い物しか報道しない。
現在はインターネットが発達したので本当に必要な情報もネットで手に入る時代になりましたね。

かつての米国の戦略にならって週5回の米飯給食推進の運動をしているそうです。
皆さんお米を食べましょう!
日本人には米飯が伝統的な食事ですよ!




http://blog.with2.net/link.php?726233    是非応援のクリックお願いします
 

 

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します
PR

2009/01/23 (Fri) 粗食 Trackback(0) Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

「」にトラックバックする:

Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]