忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

目からウロコの化学物質(6)

こんにちはつよぽんです

「フグには毒のない部分がある?」
天然物だから安全ととは言えない事例として、一番理解しやすいのはフグだそうです。
フグは天然の物であるが、これを食べて死に至ることもある。
しかし、フグについては、免許を持ったフグ調理師がフグ毒(テトロドキシン)のない部分を調理した場合なら安心して食べられると思っている人が多い。
大筋では良いが、これには誤りがある。
フグには「毒のない」部分は無くて、肝臓や卵巣には毒があるが筋肉部分には毒がないと思っている人が大半だと思います。
常識的に考えると、肝臓に毒が有れば同じ血液の通ったフグの体内の筋肉部分の毒がゼロになるわけがない。
だから、筋肉部分を食べれば、必ず毒は体内に入ってくるはずであるが、その影響の出る量よりずっと少ない
量(閾値以内)であるから、食べても問題が起きないだけである。

リスクは常に連続であって、ゼロかイチかなどあり得ないものを、「フグには毒がある部分とない部分があって、
それにより食べても良い部分とダメな部分に二分される」という、誤った認識を我々は持っている。

死ぬかもしれないというリスクと美味しいというベネフット(便益)という微妙な天秤のうえの話のようですね。
 




http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックを、現在42位ですよろしくお願い致します

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

PR

2009/06/17 (Wed) 化学物質 Trackback(0) Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

「」にトラックバックする:

Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]