忍者ブログ

地球とみんなにやさしい家 - 自然素材を使いシックハウスにならない住宅の設計・監理の嘉藤建築設計事務所 

嘉藤建築設計事務所

事務所ブログ

HOME > 事務所ブログ

目からウロコの化学物質(3)

こんにちはつよぽんです
天然物も含めて化学物質には発ガン性を示す物がある、化学物質のヒトに対する発ガン性の評価は国際的にもいろいろな機関で行われている。
中でももっとも有名な物はIARC(WHOの傘下の国際がん研究機関)の発ガン性の分類ではないでしょうか。
グループ1  (ヒトに対して発ガン性がある)     105
グループ2A (ヒトに対しておそらく発ガン性がある)  66
グループ2B (ヒトに対して発ガン性の可能性がある) 248
グループ3  (ヒトに対して発ガン性の分類ができない)515
グループ4  (ヒトに対しておそらく発ガン性がない)   1
 
グループ1となっている105物質群を見てみると、たとえば喫煙およびタバコの煙、アルコール飲料、すす(煤)、X線(レントゲン)、木のほこり、中性子、太陽光照射、ピロリ菌、中国式塩蔵品など
このグループ1は、ヒトに対して有意に発ガン性が示されていることが疫学的に証明された物を分類していて、必ずしもその発ガンリスクとは直結していない。
カビ毒のアフラトキシンのように数PPMにも満たないわずかの混入で、実験動物に肝臓癌を発生させるような強い発ガン性の物質もあれば太陽光のように日常的に浴びてもそう簡単にはがんにならないと思われる物まで多種多用である。
このガン評価には、暴露量に対する発ガン性の「強さ」や「リスクの大きさ」の概念が入ってないが、それが理解できていない場合があると坂口さんは書いています。
ウィキペディアよりIARC発ガン性リスク一覧
 http://ja.wikipedia.org/wiki/IARC%E7%99%BA%E3%81%8C%E3%82%93%E6%80%A7%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E4%B8%80%E8%A6%A7




http://blog.with2.net/link.php?726233    なにとぞ皆様の応援のクリックを

  にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ  こちらもクリックお願い致します

PR

2009/05/15 (Fri) 化学物質 Trackback(0) Comment(0)

「」へのコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

「」にトラックバックする:

Calendar
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Comments
[10/23 Ardella]
[09/09 anneau van cleef and arpels trefle imitation]
[03/11 逢坂文夫]
[09/06 Cernardduen]
[08/14 hmjlkrnegh]
Search
カウンター
アクセス解析
プロフィール
HN:
つよぽん
性別:
男性
職業:
建築設計
自己紹介:
化学物質過敏症や電磁波過敏症の方に対応できるように、無添加住宅の建材とオールアース住宅の考え方を取り入れ化学物質・電磁波の極力少ない暖かい家を目指しています。
断熱材は自然素材で作られたセルロースファイバーを充填しています。
「エアープロット」のシステムを使い24時間換気の部屋に付ける給気口を設置していません。
ブログ内検索

HOME家づくりのコンセプト家の血統書写真集無添加住宅事務所プロフィール事務所ブログお問い合わせ

嘉藤建築設計事務所 〒343-0025 埼玉県越谷市大沢2-15-11 TEL:048-971-3771 / FAX:048-971-3772
埼玉県より経営革新計画の承認を得られました。「チーム・マイナス 6%」に参加しています。

忍者ブログ [PR]